電子ブレーカーを利用することで電気代削減|悪徳業者に注意

水道水への不信感

キッチン

水道水は、水の殺菌消毒を行なう必要があるため、塩素が使われています。塩素には発がん性物質の存在が懸念されており、水道水を直接口にするのはあまり好ましくはありません。そのため、浄水器の導入を検討されるご家庭も多く、様々な浄水器商品が発売されています。浄水器は蛇口に取り付けることで、次亜塩素酸やカルシウム・マグネシウム、有機物などを除去する効果があり、用途に応じて設置場所を変えることで、更なる効果が期待されるのです。浄水器の種類として蛇口に取り付けるタイプの他には、シンクに設置する据え置き型や、風呂場で使用することができるシャワー型などの商品が人気です。特に防災意識が高まっている現在では、災害時の飲水の確保が求められていることから、ストロー型の浄水器を防災グッズとして購入する人が増えています。震災以降、放射性物質などの観点から水の安全性へ不安を持つ方も多くいらっしゃいます。家庭用の浄水器には、放射性物質は除去項目に入ってはいないため、通常の浄水器を使用しても放射性物質を取り除くことはできないのです。しかし、近年では放射性物質を取り除くことが期待される商品も発売されているので、使用される方の不安を解消することができるでしょう。
浄水器は一定時期が経つとフィルターを交換する必要があります。交換にかかる時期や費用は、浄水器のタイプによって様々ですが、高額な商品になると1万円を超えてしまうため、事前に交換にかかる期間や費用を調べておくと良いでしょう。